コラボ光・転用でのおすすめプロバイダは|実績あるプロバイダの選び方

トップページ >フレッツと光コラボの違い> フレッツと光コラボの違い

フレッツと光コラボの違い

光コラボは、もともと「フレッツ光」を提供していたNTT東日本・西日本が光回線をさまざまな企業に卸すことで、独自サービスとして提供できるようにしたものです。

NTTと同じ回線を利用しているわけですから同じサービスだと思いがちですが、違うサービスと思ったほうがいいでしょう。

「回線が同じなのに?」

と疑問があると思いますが、違いを見ていくとでその理由が分かります。


契約の違い

今までのフレッツ光は、回線を持つNTT東日本・西日本とネットとつなぐプロバイダの2つと契約をしなければいけませんでした。
ただ例外もあり、フレッツ光公式サイトからプロバイダをまとめて申し込める「プロバイダパック」で申し込まれた方は請求が一緒となっていますが、考え方は同じです。

これが光コラボだと光回線サービスとインターネットサービスを一括して提供しています。


料金の違い

単純に比較した場合、光コラボの方が戸建てタイプ・マンションタイプ共に料金が安いです。
ただし、長年フレッツ光を利用しているユーザーなら割引や加入時のキャンペーンによる恩恵により、フレッツ光の方が安い場合も。
特にマンションタイプにこの傾向が見られます。

新規の方は光コラボですが、フレッツ光からの転用の方はしっかり料金を比較してから転用するか決めましょう。


サービスの違い

光コラボレーションの事業者は、これまでにプロバイダー等を提供していた接続業者以外の企業も参戦しています。
ライバルも多くなるので、少しでも差別化を測ろうと自分の得意分野を生かした今までに無いサービスを提供する事業者も多くなりました。

これにより、ユーザー側も選択肢が増え、自分の好みに合わせた事業者を選ぶ事ができます。
また、中には料金で差別化を図ろうとする事業者も。
さらに料金が下がるのはこちらにとっても嬉しいことです。


このように回線は同じなのですが、内容的には違うサービスの光コラボ。
フレッツ光時代のイメージで利用しようとすると、「思っていたのとは違う」という自体にもなりかねません。

しっかりと特徴を捉えて生きたいですね。


Page Top ▲