コラボ光・転用でのおすすめプロバイダは|実績あるプロバイダの選び方

転用のメリット

フレッツ光からコラボ光に乗り換える事を、「転用」といいます。

フレッツ光の設備をそのまま利用するため手続きが簡単に乗り換えることができる」ので、一般的な乗り換えと違い少し特殊となっています。

これが、転用の最大のメリットになります。


新規工事も不要

フレッツ光の設備をそのまま使いまわすので、工事は必要ありません。
高額な工事費もかからず、大々的な工事をしなくてよいのは助かります。
ただし、Bフレッツで光回線を利用していたユーザーは下り最大100Mbpsですから、これを期に1Gbpsの回線に変更することも。この場合は工事・工事費が発生します。


モデムの交換不要

モデムも換える必要が無いので、自宅の通信環境も変わりません。
これだと新たな設定などもないので、機械類が苦手なユーザーでも問題ありません。


サービスもそのまま

転用先でも提供していれば、光電話やフレッツ光テレビもそのまま利用できます。
フレッツ時代と同じプロバイダの光コラボに転用すれば、今まで使っていたサービスのほとんどを継続利用可能。
メールアドレスも変わりませんし、違約金も発生しません。

これが一番面倒でない転用ですね。


フレッツ光からコラボへの転用は、手続きは簡単、工事は不要、環境も変わらないまま料金が安くなるというイメージです。

もし、今までのプロバイダに不満が無ければ、そのまま転用することをオススメします。



Page Top ▲