コラボ光・転用でのおすすめプロバイダは|実績あるプロバイダの選び方

トップページ >転用前の注意点は> 転用前の注意点は

転用前の注意点は

光コラボは、フレッツ光のサービスをそのままに料金が安くなるので、「すぐにでも申し込みたい」という方も多いのでは。

しかし、申し込みの前に注意しておきたいこともあります。


注意①:転用は1回のみ

フレッツ光から光コラボへの乗換えが「転用」です。
つまり、1回転用してしまえば、次からは乗り換えです。

光コラボの場合、回線とプロバイダを一括で提供するサービスですから、別の光コラボに乗り換えるなら一旦解約が必要となります。

(転用) (乗り換え)
フレッツ光 ⇒⇒⇒ 光コラボ
⇒⇒⇒
光コラボ

これだと、改めて違う光コラボ事業者へ新規で申し込むことになるので、工事費が再び掛かる恐れがあります。

フレッツ光時代は、回線とプロバイダが別契約のため、プロバイダのサービスが悪ければ何回も乗り換えることが出来たので、同じ感覚でいると思わぬ費用がかかってしまいます。


注意②:サービスに差がある

NTTが光回線を卸すことで、多くの企業が参戦してきました。

そうなると、当然サービスにも差が出てきますし、接続方法の違いから光コラボ事業者によって速度に差が出る場合も考えられます。

いざ利用してみたら、速度が遅い・サービスが悪いでは意味がありません。
乗り換えも可能ですが、すぐの乗り換えだと違約金が発生したり、注意点①で話した工事費がかかる様なことが起こりかねません。

そこでおすすめしたいのが、フレッツ時代からプロバイダパックとして光サービスを提供していた十社のプロバイダ。
フレッツ光の公式サイトでも、プロバイダパックとして紹介されています。



元々のノウハウもありますし、実績もあるので、まず間違いないと思います。

以上、2つの注意点を踏まえ、光コラボの事業者を何処にするか決めましょう。

当サイトでは、この十社のプロバイダの中からランキング形式で紹介しているので参考にしてください。

>>コラボ光おすすめプロバイダ


Page Top ▲