フレッツ光の賢い使い方



フレッツ光 ネクスト ギガ・スマートへ契約変更すると幾らかかるの?

NTT東日本で提供が開始された「フレッツ 光ネクスト ギガファミリー/ギガマンション・スマートタイプ」。

「ギガ速い」がウリですが、このサービスに契約変更する場合、実際にかかる料金は幾らになるのでしょうか?

調べてみました。

Clip to Evernote

Page Top ▲

Bフレッツからフレッツ光 ネクストへの移行でスピードが速くなるのか?

先日、NTT東日本から、「契約しているBフレッツハイパーファミリータイプからフレッツ光 ネクストに移行します。」というお知らせが。

「詳しくはWebで!」的な感じだったので見てみると、順次移行している模様で、すでに自分の地域は移行完了していました。

これでスピードUPする!?

Clip to Evernote

Page Top ▲

Bフレッツからフレッツ光ネクストへの変更

Bフレッツ光よりも、品質・スピード・セキュリティが上をいくフレッツ光ネクストですが、利用料金は同じ。
だったら、フレッツ光ネクストにしようと思いませんか?

自分も例外ではなく、「116」に問い合わせたところ、「別途、工事費が掛かります。」とのこと。
よくよく調べると、そうすんなりと変更というわけにはいかないようです。
また。NTT東日本とNTT西日本でも違いが・・・

NTT東日本の場合
工事費は25,200円

当然、新規ではないのでキャンペーンの恩恵を受けることはできません。
つまり、フレッツ光ネクストに変更するには工事が必要で、料金が25,200円かかるということに・・・

ただし、例外もあり、引越しなどの移転に伴う変更と、ハイパーファミリータイプからマンションタイプに変更(引越ししないで、戸建てから集合住宅に変わることってあるのかな・・・?)の場合は、工事費がかかりません。

NTT東日本・フレッツ光公式サイトより

詳しくは⇒http://flets.com/next/fm/const_fee.html

Bフレッツをお使いで、今後、引越しの予定がある方は、手続きの際にフレッツ光ネクストへの変更をおすすめします。
これなら無料で変更できます!


NTT西日本の場合
移行(品目変更)工事費の割引があります。
割引は移行内容により違いがあります。

NTT西日本・フレッツ光公式サイトより

詳しくは⇒http://flets-w.com/newly/campaign/ikou/


条件がよければ無料で、そうでなくてもかなり安く変更できますね。
ただし、工事費割引適用には、申し込み受付期間中の申し込みが必要です。

工事が必要なことから多少の手間が掛かりますが、サービス的には上をいくフレッツ光 ネクストですから、Bフレッツを利用している方は条件次第では変更もアリではないでしょうか。


Clip to Evernote

Page Top ▲

フレッツ光 ネクスト・Bフレッツからフレッツ光 ライトへ変更

定量制のフレッツ光 ネクスト・Bフレッツは、幾ら利用しても月額料金が変わらないのが魅力ですが、いざ契約してみたら思ったより利用していない・・・なんてことも。
そうなると月々かかる料金がもったいないので、フレッツ光 ライトへの変更も1つの手段といえるでしょう。
ただし、以下の点にご注意ください。

注意 プロバイダの確認
利用しているプロバイダがフレッツ光 ライトへ対応しているか確認しましょう。
プロバイダによっては対応していないものもあるので、その場合はプロバイダの変更も必要です。

注意 違約金の発生
割引やキャンペーンを利用した場合、コース変更による違約金が発生する場合があります。

注意 ルータの交換
ひかり電話を利用していれば、ルータのバージョンアップまたは交換が必要な場合も。

注意 オプションの再設定
利用しているオプションサービスの再設定が必要です。
例)フレッツ・ウイルスクリアをご利用中の場合、新ソフトの再インストール、設定など

他にも、映像サービスを利用している場合、「いつもと同じように動画を見ていたらフレッツ ライトの上限を超えて前より料金が高くなった!」なんてことも。
映像サービスを利用している方は、フレッツ光 ネクスト・Bフレッツの方が向いています。


フレッツ光 ライトの変更には工事が必要です。
こうなると気になるのが工事費ですが、NTT東日本では工事費は無料(1回限り)、NTT西日本ではキャンペーンにより割引きもしくは無料になる場合もあります。キャンペーン期間中かご確認ください。

NTT西日本・以降(品目変更)工事費割引はこちらで確認

料金的にはそう心配する必要はありませんが、注意する点は幾つかあるようです。


Clip to Evernote

Page Top ▲

フレッツ光 ライトへからフレッツ光 ネクスト・Bフレッツへ変更

フレッツ光 ライトを利用中の方で、月額料金が上限料金だったり高額の月が続くようなことはありませんか?
最近では、動画も高画質のものが増えてきているので油断すると上限料金になってしまいます。
もし、月額料金が定額制であるフレッツ光 ネクストと同じまたは超える様であれば、ネクストへのサービス変更を考えてもよさそうです。

NTT東日本・フレッツ光ネクスト ハイスピードタイプ
ファミリータイプ 5,460円
マンションタイプ 光配線方式/
VDSL方式
プラン1 3,412.5円
プラン2 2992.5円
ミニ 4,042.5円
LAN配線方式 プラン1 3,045円
プラン2 2,625円
ミニ 3,675円
※プロバイダ料金やオプション利用料金等は含みません

NTT西日本・フレッツ光ネクスト ハイスピードタイプ
ファミリータイプ 5,218.5円
マンションタイプ プラン1 3,559.5円
プラン2 3,087円
ミニ 4,315.5円
※プロバイダ料金やオプション利用料金等は含みません


上記の金額に近い月額料金であれば、フレッツ光 ネクストの方が気にせずにネットを楽しむことができます。

ただし、プランやオプションサービスの利用など契約内容によっては、コース変更が不可能だったり、違約金の発生、ルータの交換(ひかり電話を利用中の場合)、各オプションサービスの再設定が必要になるのでご注意ください。


追加で掛かる料金は?

コース変更による工事がありますが、NTT東日本・西日本共に工事費は無料になっています。
ただし、NTT西日本では、同時にプラン変更(ファミリータイプ→マンションタイプなど)もある場合は割引きは在るものの工事費が掛かります。

詳しくは各公式サイトを参考にしてください。

NTT東日本はこちらから
NTT西日本はこちらから


Clip to Evernote

Page Top ▲

フレッツ光について おすすめプロバイダ
プロバイダの選び方 プロバイダの乗り換え