フレッツ光でぜひ見たい!暇つぶしにもなる動画配信サービス



フレッツ光の定額制サービスなら、動画を思う存分に楽しめます。
実際にも、光回線を利用する半分以上のユーザーが動画などのデータ通信量がかかるコンテンツの利用目的で使っているそうです。


スマホでも使い放題のプランがありますが、速さと安定具合で比較すれば光回線には及びません。

動画配信サービスを選ぶコツは、どのジャンルに強いかなどの特徴を知る事です。
結構、共通で見られる動画が多いので、「どこを選んでもおなじでしょ!」となりがちに。

しかし、よく見るとそれぞれに特徴がでているので、
迷ったら「どのジャンルが多いのか」を、まずはチェックしてみてください。

また、敢えてジャンルにこだわらず、大量にある作品から、「その日の気分で選ぶ」なんて楽しみ方もアリですね!

この中から選べば間違いなし!

動画を楽しむならこれから紹介する動画配信サービスを利用すれば、様々なジャンルが見放題となり飽きません。
月額1,000円を切るお手軽なもので、ジャンルの多さや作品の多さがどれも大量に配信されているものばかり。

まずは、この中から選べば間違いありません。

1位:Hulu(フールー)

映画・ドラマ・アニメとどのジャンルにも強い動画配信サービス

料金 933円/月(税抜)

まず、海外ドラマや映画が充実しており、特に新しい海外ドラマの配信が早い事が特徴の1つ。
更に「日本テレビが資本に入る」「フジテレビと提携する」などの経緯を経て日本のコンテンツも充実してきました。
人気・有名どころの作品をしっかりとおさえおり、どのジャンルも充実したバランスのとれた動画配信サービスとなっています。

Huluの申し込みはコチラ
【2週間無料視聴!】Hulu公式サイトへ

2位:dTV
動画も豊富、コスパ最強の動画配信サービス

料金 500円/月(税抜)

月500円というコスパに優れたドコモが運営している動画配信サービス。
一見、日本のコンテンツが多く見えますが、韓流ドラマも充実しているので韓流ファンには嬉しい。
その他、マンガ本に音と動きを付けたコンテンツや女子向け、子供向けなどとにかく豊富で「これで500円!」と驚いてしまいます。
強いて言うなら、画質の評価が良くなく、特に混雑時はかなり荒くなるので、その点が残念。
Huleは混雑時でも荒くならないことから、次いでの2番手評価です。

dTVの申し込みはコチラ
【31日間無料視聴!】dTV公式サイトへ

3位:NETFLIX(ネットフェリックス)
クオリティーの高いオリジナルドラマは必見!

料金 950円/月(税抜)
(スタンダード)

日本でのサービスは最近ですが、言わずと知れた動画配信サービス最大手。
莫大な予算を掛けたオリジナルドラマは必見で、かなりの見ごたえがあり。熱狂的ファンも多い。
ただ、一般動画が平凡で新しいものがあまり見られない気がする。
全体的にジャンルが偏っていますが、海外ドラマ好きにはたまらないサービスであることは間違いなし。

NETFLIXの申し込みはコチラ
【まずは1か月の無料体験】NETFLIX公式サイトへ