フレッツ光の賢い使い方



光コラボに転用するとどうなるのか。|概要と特徴について

いよいよ本格化してきた光コラボレーション。
NTT東日本・西日本が、「フレッツ光」の光回線を業者に貸し出すことで独自のブランドとしての提供が可能となりました。
これにより光回線事業に参加する業者もグッと増え、様々なサービスが提供されるようになります。

Clip to Evernote

Page Top ▲

光コラボに転用するならここに注意!

光コラボへの転用については、大きく分けると「同じプロバイダへの転用」と「他社への転用」のケースに分けられます。

そこで、まず考えたいのは現在加入しているプロバイダへの転用

これだと、「メールアドレスも変わらない」など、

"サービスの変更も無く料金だけが安くなる"

というオイシイ契約になるイメージがあります。

Clip to Evernote

Page Top ▲

フレッツ光について おすすめプロバイダ
プロバイダの選び方 プロバイダの乗り換え