フレッツ光の賢い使い方

トップページ >光コラボレーションについて> 光コラボに転用するとどうなるのか。|概要と特徴について



光コラボに転用するとどうなるのか。|概要と特徴について

いよいよ本格化してきた光コラボレーション。
NTT東日本・西日本が、「フレッツ光」の光回線を業者に貸し出すことで独自のブランドとしての提供が可能となりました。
これにより光回線事業に参加する業者もグッと増え、様々なサービスが提供されるようになります。
フレッツ光ユーザーなら、

手続きも簡単な"転用"で光コラボを利用することが出来ます。

これは、利用形態を変更せずに契約形態のみが変更となるもの

光コラボに転用すると・・・

契約が一本化
光回線とプロバイダサービスを一体化することで、料金が安くなり、契約も請求も1つにまとまります。


速度・品質などはそのまま
回線はそのままNTT東日本・西日本のものを利用するので、速度・品質に変わりはありません
また、「フレッツ光のお客さまID」や「ひかり電話の番号」などは変更なし


今までに無いサービスも
auひかりのスマートバリューのように、お使いのスマホの料金が安くなるサービスも提供されるように。
また、スマホに限らず動画配信がお得に使えたりなど、今までに無い独自のサービスも多くなります。

など、フレッツ時代よりもメリットが多くなることが特徴です。


違約金はかかるのか
現在のフレッツ光ユーザーならご存知の通り、

NTT東日本エリアなら、「にねん割」、NTT西日本エリアなら、「光もっともっと割の解約金
プロバイダでは、「独自の割引による違約金」や「キャンペーン適用の条件の違約金

の発生が考えられますが、

基本、同じプロバイダの「フレッツ光」から「光コラボ」への転用では、

これらの解約・違約金はありません。

しかし、プロバイダが異なると、

プロバイダでは、「独自の割引による違約金」や「キャンペーン適用の条件の違約金」が発生する場合もあるので注意しましょう。

ちなみに、
初期工事費を分割にした場合の残金の支払い」があるなら、継続して支払う必要があります。

この場合、
「一括で支払う」「そのまま継続して支払う」など、転用先によって支払い方法が異なります。

光コラボの公式サイトはで、これを明記していないところもあるので確認をした方が良いでしょう。

ただし、新たに転用先でも最低利用期間を定めています。
期間内の解約で違約金が発生するので注意しましょう。
NEXT>>光コラボに転用するならここに注意!



おすすめプロバイダ プロバイダの乗り換え
フレッツ光から乗り換え プロバイダの選び方


Clip to Evernote

Page Top ▲