フレッツ光の賢い使い方



フレッツ光のプロバイダからの申し込み|メリット

フレッツ光はプロバイダの公式サイトからも申し込みが可能です。
実は、プロバイダから申し込みをした方がお得な場合もあるので、気になるプロバイダがあるなら公式サイトもチェックしておきましょう。

プロバイダからの申し込みがこんなにお得!!
プロバイダのキャンペーンの対象になる
NTTフレッツ光のキャンペーンの対象にもなる
割引の対象にもなる

このように、フレッツ光のキャンペーン特典も得ながらプロバイダのキャンペーン特典も得られるというお得な申し込みになります。

実際どれ位お得かといえば・・・

NTT東日本・マンションタイプ(ミニ)の場合

フレッツ光公式サイトから申し込み
思いっきり割 1,165.5円/月
月額利用割引 1,050円/月

プロバイダからの申し込み(BIGLOBEの場合)
思いっきり割 1,165.5円/月
月額利用割引 1,050円/月
さらに!
最高35,000円のキャッシュバック
月額料金開通月無料
出張サポート無料

このように、プロバイダ分のキャンペーン特典が増えた分お得になります。
キャッシュバックが35,000円得られるだけでもかなりの違いに。
接続設定に自信がない方にも、出張サポートが無料なところも大きいですね。

もちろん、契約内容は一緒なら回線サービスに差はありません。


今回は、キャンペーン内容が充実しているBIGLOBEを例に挙げましたが、他のプロバイダでもキャンペーンを用意しているところもあります。
フレッツ光の公式サイトからや電話申し込みができる「116」にかける前に、プロバイダの公式サイトを除いてみてはいかがでしょうか。

◆今なら合計35,000円キャッシュバック◆BIGLOBE光入会キャンペーン実施中


Clip to Evernote

Page Top ▲

フレッツ光のプロバイダからの申し込み|注意点

フレッツ光の申し込みは、プロバイダからの申し込みがお得なことがわかりました。
しかし、お得な反面、注意しなければならない点も出てきます。

注意事項のところに書かれており、見落としてしまいがちですので要チェックです!


支払いがプロバイダ側とNTT側の2つからの請求になる
NTTの公式サイトから「フレッツ光のプロバイダパック」を申し込むと、月額の請求はNTT側から発生する回線使用料金とプロバイダ料金がまとめて請求されますが、プロバイダ側の申し込みからだと別々の請求になります。


クレジット引き落としのみのプロバイダも
引き落としがクレジットカードのみの引き落とししか対応しないところもあるので気になる方は注意が必要です。


2年以内の解約には要注意
割引サービスを利用している場合、2年以内の解約で解約金が発生しますが、プロバイダから申し込んだ場合は、プロバイダの解約金もプラスで発生する場合があります。
これは、キャンペーン適用の条件に2年間の継続利用という条件があるために発生する違約金。
プロバイダによって、この違約金を設けているところとないところがあるので、キャンペーン適用になる場合はあらかじめ確認しておきましょう。


引越し、解約も両方の手続きが必要
解約する場合など、NTTとプロバイダの両方に手続きをとる必要があります。


気にならない人もいるでしょうが、これらの注意点をわずらわしく思う人は、NTT公式サイトからの申し込みをしたほうがよさそうです。

大変魅力のあるプロバイダからの申し込みですが、このような注意点があることを忘れずに。


Clip to Evernote

Page Top ▲

フレッツ光について おすすめプロバイダ
プロバイダの選び方 プロバイダの乗り換え