フレッツ光の賢い使い方

トップページ >ギガ・スピード対策> ギガなのに遅い・・・そんな時の対策



ギガなのに遅い・・・そんな時の対策

東日本の"ギガスマート"や西日本の"スーパーハイスピード・隼"は、

最大1Gbpsがウリですが、期待して使ってみると全然スピードが遅い・・・なんて人も多いのでは。
1Gbpsだからといって、きっちり出るモンでもないですが、少しでもスピードは出て欲しいもの。

そこで、「スピードが遅いな・・・」と思ったら、以下をチェックしてみてください!目指せ1Gbps(近く)!

ファミリータイプ?マンションタイプ?


マンションタイプは、1Gbpsの回線をマンション内で分け合うので遅くなる可能性あり。
一方、ファミリータイプは、ある程度、独占できるのでマンションタイプよりは期待できます。

マンションタイプの方、まだまだ諦めないで!

そもそも、1GBに対応している?


パソコンやルーター、LANケーブルでさえも1Gbpsに対応していなければフルパワーは発揮されません。

パソコンが対応しているか調べる
パソコンのLANポートを見て、1Gbps対応 ( 1000BASE-T ) となっていればOK。

また、


[スタート]⇒[コンピュータを右クリック]⇒[コントロールパネル]⇒[デバイスマネージャー]⇒[ネットワークアダプタ]

で確認も出来ます。
(Windows搭載パソコンの場合)



ルーターが対応しているか調べる
ルーターの確認方法もパソコンと同じ。
LANポートを見れば、1Gbps対応 ( 1000BASE-T ) となっているか確認してください。
ルーター自体が100Mbps対応であれば最高でもそれ位しか出ないので、購入前は対応速度をチェックしましょう。

あと、ファームウェア・ドライバーの更新も忘れずに。
これだけでも、スピードアップが期待されます。


LANケーブルが対応しているか調べる
LANケーブルにも対応速度があるのはご存知ですか?

大体、新しいものは1Gbpsに対応していますが、古いものはあやしい・・・
安定した高速通信には、CAT6、CAT5eあれば十分です。

もっとハイスペックなケーブルを使えば、スピードも上がる気はしますが、パソコン側の規格と合わせた方がより良い効果が期待できます。


-カテゴリーと通信速度-

CAT7 CAT6A CAT6 CAT5e CAT5
通信速度 10Gbps 10Gbps 1Gbps 1Gbps 100Mbps
伝送帯域 600MNz 500MNz 250MNz 100MNz 100MNz



どれか1つでも100Mbps対応なら、最高100Mbpsになってしまいます。
という事は、実際はもっと低いスピードという事に・・・

シビアですね・・・

NEXT⇒ ギガなのに速くない・・・こちらもチェック!




おすすめプロバイダ プロバイダの乗り換え
フレッツ光から乗り換え プロバイダの選び方


Clip to Evernote

Page Top ▲