ギガなのに遅い・・・そんな時の対策

東日本の”ギガスマート“や西日本の”スーパーハイスピード・隼“は、

最大1Gbpsがウリですが、期待して使ってみると全然スピードが遅い・・・なんて人も多いのでは。
1Gbpsだからといって、きっちり出るモンでもないですが、少しでもスピードは出て欲しいもの。

そこで、「スピードが遅いな・・・」と思ったら、以下をチェックしてみてください!目指せ1Gbps(近く)!

ファミリータイプ?マンションタイプ?

マンションタイプは、1Gbpsの回線をマンション内で分け合うので遅くなる可能性あり。
一方、ファミリータイプは、ある程度、独占できるのでマンションタイプよりは期待できます。

マンションタイプの方、まだまだ諦めないで!

そもそも、1GBに対応している?

パソコンやルーター、LANケーブルでさえも1Gbpsに対応していなければフルパワーは発揮されません。

パソコンが対応しているか調べる

パソコンのLANポートを見て、1Gbps対応 ( 1000BASE-T ) となっていればOK。

また、

    [スタート]⇒[コンピュータを右クリック]⇒[コントロールパネル]⇒[デバイスマネージャー]⇒[ネットワークアダプタ]

で確認も出来ます。
(Windows搭載パソコンの場合)

   

ルーターが対応しているか調べる

ルーターの確認方法もパソコンと同じ。
LANポートを見れば、1Gbps対応 ( 1000BASE-T ) となっているか確認してください。
ルーター自体が100Mbps対応であれば最高でもそれ位しか出ないので、購入前は対応速度をチェックしましょう。

あと、ファームウェア・ドライバーの更新も忘れずに。
これだけでも、スピードアップが期待されます。

LANケーブルが対応しているか調べる

LANケーブルにも対応速度があるのはご存知ですか?

大体、新しいものは1Gbpsに対応していますが、古いものはあやしい・・・
安定した高速通信には、CAT6、CAT5eあれば十分です。

もっとハイスペックなケーブルを使えば、スピードも上がる気はしますが、パソコン側の規格と合わせた方がより良い効果が期待できます。

-カテゴリーと通信速度-

  CAT7 CAT6A CAT6 CAT5e CAT5
通信速度 10Gbps 10Gbps 1Gbps 1Gbps 100Mbps
伝送帯域 600MNz 500MNz 250MNz 100MNz 100MNz

どれか1つでも100Mbps対応なら、最高100Mbpsになってしまいます。
という事は、実際はもっと低いスピードという事に・・・

シビアですね・・・

光回線なのに・・・

まだまだ!
やれる事は、他にもあります!

 

無線LANだと・・・

配線要らずの便利な無線LANですが、有線に比べるとスピードは激落ちします。
少しでも速くしたいなら、IEEE802.11nは最低必要。最近はIEEE802.11acもあるので、無線LANでもそこそこのスピードが出るようになりました。

もちろん、パソコンとルーターのどちらも、おなじ規格でなければいけません。
可能であれば、有線LAN接続をオススメします。

もし、古いルーターであれば、周波数を11aに変更してみましょう。

ただし、障害物には弱いので、親ルーターと同一部屋内での利用に限ります。

駐在ソフトのチェック

パソコン起動中は、目に見えない色々なソフトが動いている可能性があります。
セキュリティソフトもその1つで、常に動いていることから、スペックの低いパソコンだとどうしても速度が落ちてしまいます。
また、立ち上げ時に起動するソフトも要注意!
必要が無いものなら、起動ないようにしたり、削除したりしましょう。

    [スタート]→[プログラムとファイルの検索]→[「msconfig」と入力]→[プログラム実行]→[スタートアップ]→[起動して欲しくないソフトのチェックを外す]

で、勝手に起動しないように設定できます。
(Windows搭載パソコンの場合)
   

 

 

やれることはやる

速度が遅いのは、パソコン自体の性能・設定、通信環境などの色々な原因が複雑に絡み合っている場合が多いので、ひとつ改善したからといって、急に速くなる訳ではありません。

それでも、やらないよりはマシ。

あと、デフラグをかけたり、インターネットの一時ファイルを削除したりなど、できるものはやりましょう!


よく扱うソフトの起動や動作を高速化するデフラグ

困った時のIPv6

肝心のプロバイダ側が遅ければ、こちらで十分な準備をしていても意味はありません。
これは、プロバイダとNTTの光ファイバー網を結ぶ設備にアクセスが集中している事が原因の一つに挙げられるます。

そこで最近注目されているのがIPv6です。

IPv6は、将来的に枯渇する従来のインターネットプロトコル(IP)であるIPv4に変わる新しいバージョンのIP。
この中には、アクセスが集中する場所を避けて接続する方法もあり、結果として回線速度が速くなる場合もあります。

元々、回線速度の改善が目的のものではありませんが、速度が遅くて困っているユーザーにはピッタリのサービスといえますね。
ただし、プロバイダによって対応はそれぞれですから、自分のプロバイダではどの様になっているのか確認してみましょう。

IPv6インターネット接続を利用して回線の速度をあげる
光回線なのにスピードが遅い場合、IPv6を利用した対策方法。